thrakt’s blog

行った所とかホビー系とかの話

2019年夏期感想

天気の子

いやー面白かった。往年のめんどくさい新海誠ファンとして、"君の名は。"である種集大成的な事をやって次どうなるんだろと期待半分不安半分で眺めてたけど、とにかく良かった。"君の名は。"のエンタメ路線とテンポの良さを保ちつつ、より垢抜けた作品になっていてとても見やすかったと思います。個人的にはこっちの方が好き。

これまでの作品より主人公が幼く、それを支える登場人物の年齢層が厚かったように思う。それで話に勢いが出たり、多層的な視点が提示されたり。今作は全体的な新海誠濃度がゆるく感じられたけど、その辺が要因としてあったんじゃなかろうか。ラブホのシーンで針振り切れてたけど。振り返ってみると"君の名は。"はエンタメ要素とシンカイが両立していたと思っていたけど、"天気の子"ではそれが混ざって通底する一つの空気感として作品に流れていた、みたいな印象を持っている。そんなのでより皆々様に見やすい作品になったのではないか……と思っています。

あとセカイ系ゼロ年代をコンテンツとともに過ごしてきた我々はやはり同じことを感じたようですが、個人的には須賀さんがいい味出していたのではないかと思っている。セカイか君かを選択させるのは、セカイの側もしっかりと提示しなければならないのではないかと思うのですが、その点須賀のおじさんの果たした役割は大きい。"イリヤの空、UFOの夏"でもこういうおじさん居たよな。大事です。単にオッさんが葛藤したり活躍する作品が好きという性癖なだけというのはある。

まぁしかしやりやがったよな新海誠メガテンか。海面上昇破綻してないかとかフェリーの喫水どうなってんだとか色々些細な事を思いもしたけど、力がある展開で大変良かった。それを乗り越えて歩んでいる人々という前向きな描写をしたあたり、新海氏の心意気みたいな物を感じたのでした。

キャロル&チューズデイ

めっちゃコメントしづらい!!!!!! 全般的に俺はまぁ好きだったんだけど、2クール目はわりとエピソードが発散してるし着地点がフワッとして終わったのでなかなか……。

2クール目は各話でゲストキャラが出て音楽絡みのエモい話をしつつ、キャロチューの二人をよそになんかアンジェラはどんどん曇るし作品世界の状況が変化していってたという印象。もうちょい色々掘り下げると思ったんだけどな。とはいえ個別のエピソードは良かった。キャロルの親のエピソードとか。ポジティガンネガティガンのエピソードでアーティガンが挫折と復活を経て深みを得たのもめっちゃ良かった、のだが……。

とりあえず、アンジェラの扱い雑すぎない?かなり残念だったと思う。いや、キャラの掘り下げそのものはわりと1期のタイミングでできてたのでこんなもんであとは補完してネでいいのかもしれんが……にしても、タオへの執着とかももうちょいさぁ……。
あとキャロチューの二人の説得力が弱かった印象はある。そんな中で人脈が広がっていくのはいかにもご都合主義的印象を受けてしまうが、まぁリアリティライン難しい所ではあるな。音楽にガチな姿勢を出してるから余計そう感じたのはあると思う。

まぁ他にも結局オカンジェラの火星特有の何かは何だったのとか、最後結局母への歌なんかいとか、バンドメンバーめっちゃいいヤツらだしスピンオフしてとか、色々言いたいことはアホほどあるんだけど、音楽アニメをやりたいんだっていう強い気持ちは伝わったし、そこは共感してる。作中で色々な社会問題、移民排斥や社会の階層化、LGBT、シンギュラリティや毒親といったテーマをさらいつつ、そこに明確な答えは提示せずいいから曲を聞けやというスタイルで行くのは、まぁなるほどねという感じ。かなりすっきりしないんだけど、そのすっきりしなさこそ現実の複雑な社会に向き合うために飲み込む必要がある、的なエモを感じとった。とはいえある程度の思想は帯びてたけど。エンタメ作品としてどうなの……と思うけど自分はこの作品好きなので、好きです。あと最終回にピョートルの出番があってよかったです。Pow!

鬼滅の刃

ヒノカミ神楽のアニメーションがやばかった。やばかったので五度見くらいしたと思う。あの竈門炭治郎のうたと合わせたのがまた良い。ufotable最高や!脱税騒動は片がついたのであろうか……。

彼方のアストラ

前評判を聞いて見始めたけどめっちゃ面白くて良かったです。途中まで見た時点で気がついたら原作全部読んでた。古のオタクとかして11人いる!は履修してたのでより楽しめ、良かったです。閉鎖環境適応訓練とか好きだから!!!
裏切り者の存在がグリーンカードめいて機能していたのも良い。緊張感がありすぎず、緩めるときは緩めすぎなくらい緩かったのも面白かった。

欲を言えば、根底の陰謀を暴くらへん唐突な印象を受けたので、もうちょい丁寧に尺取っても良かったんじゃないかと思わなくもないが、そこ本質じゃないかもなぁ。青春ジュブナイルSF冒険活劇、実に堪能させてもらいました。

コップクラフト

ネットの評判見てると登場人物が全員あざといとかあざといおじさんとかフルメタの息抜きに書かれた賀東招二の同人誌とか散々な言われようでダメだった。好き。もちろん原作は読んでいる。

THE 低予算アニメという感じで割り切りがすごく、戦闘シーンの抜き感はある種のテクニックだったと思う。一方ティラナは絶対崩さないという鉄の意思を感じる。割り切りがすごい……。最初の方なんかすごい画面の向こうでぼそぼそ喋ってる感が強く、これは昔の刑事モノ海外ドラマのオマージュなのか?と思ってたらわりと普通の音量になってよかった。あとOPはかなりよかったぜ兄弟。最後の方で完全版になったのもよく、あとすげーベタなんだけど最後エピローグにつなげてあのOPを流すっていうのはめっちゃアツく、よかったですね。

ところで先生、新刊はまだですか?

ゆるキャン△

前から気にはなってたけど、どうでしょうコラボが決定打となり今更見ることに。OPがとにかく良く、良かったです。劇伴も良く、どことなくケルティック民族音楽っぽく山を感じさせる空気感が気に入った。あとナレーション。全体の雰囲気作りが異様にうまく、なるほど名作だこれは。

ここで一句 アウトドア/したいんだけど/車なし

ロード・エルメロイII世の事件簿

これが型月式ミステリでございノックスの十戒がなんぼのもんじゃい!空気感がわりと好きだった。確かに空の境界に似てるかも。十三拘束とか、型月に求めてる厨二病成分を存分に楽しめて良かったです。

ヴィンランド・サガ

トルケルはまり役すぎない?