thrakt’s blog

行った所とかホビー系とかの話

足尾銅山跡

今年の夏の終わりに足尾銅山跡に行きました。日光から近いという事に気づき、バスも出ているので帰りに寄っていくことに。

www.nikko-kankou.org

IMG_3593 まず足尾銅山観光へ。トロッコに乗って鉱山の採掘坑跡地に向かいます。

IMG_3600 ごく短い距離ですが、ガタゴトと揺れてなかなか楽しかった。

IMG_3603 見れるのは全体のうち、入り口の方のごくごく一部。人形があり当時の作業の様子などを展示している。

IMG_3604 坑内はかなり湿った感じ。

IMG_3608 坑内を抜けるとちょっとした展示があります。寛永通宝の作り方とかもあった。お土産物屋には銅製品が多く並んでいます。

IMG_3612 近くにある足尾歴史館です。資料や写真がかなり多くある。禿山とか、工場街だとか。案内の人に色々話を聞き、色々と歴史を聞けました。鉱毒が谷に留まって村がなくなった話とか……。あと全国からトロッコが集まってきていて展示が充実しており、写真はそれの様子です。

IMG_3615 観光館のエリアを抜けて散策へ。わたらせ渓谷鐵道が通っています。帰りに乗りましたが、道中はずっと絶景が続いています。すごく良かった。

IMG_3620 トロッコ列車という開放車もあるらしい。乗ってみたかった。

IMG_3645 足尾の魅力は、その街中にもあると思います。山に囲まれたレトロな町並み、夏影の郷愁感のある音が聞こえてきそうな気分です。この山の向こうに鉱山の堆積場があるのを知ると、また別の感慨が湧いてきますが。

IMG_3622 街中色んなところにこういう看板があり、当時の隆盛を伝えています。モダンな建物が多くあったようで、惜しいという気持ち。

IMG_3648 川の上流へ。鉄橋が多い!

IMG_3657 昭和っぽさを感じさせる工場が点在しています。まだ使われているものも多くある。

IMG_3662 貨物の廃線跡も残っています。

IMG_3664 水力発電所があったらしい。こういった産業遺産がそこかしこに残っています。今はただ静かに佇んでいる……。

IMG_3671 古河橋。明治時代にかかった橋でかなり古く、重要文化財らしい。奥に見えるのは古河鉱業の本山精錬所で、かなり大きな工場でした。今はかなり解体されたそうですが、それでもかなり存在感がある。

こんな感じで、昭和の鉱山街の町並みを残し、ある種の侘び寂びを感じさせる街でした。工場好き、廃墟好き、ポストアポカリプス好きなど多くの層に響くのではないかと思います。ただ、そう無邪気に捉えていいものか、そういった事も考えさせられる所でした。未来へ……。