thrakt’s blog

行った所とかホビー系とかの話

日光 市街地編

今年の夏の終わりに日光に行ってきました。神社仏閣は回ったので市街地の方へ行きます。

金谷ホテル歴史館

IMG_3334 イザベル・バードが泊まり、本に書いたことで外国人の間で日光が有名になったとか。そんな旧金谷ホテルをそのまま保存し、金谷ホテルと日光の歴史を伝えています。田母沢御用邸の方向に進むと見えてきます。となりのパン屋から入る。

自分が行った時は、案内の人についてもらって話してもらいました。元々は武士の詰め所だったとかで、忍者屋敷みたいな仕掛けが色んな所にありました。SAMURAI Houseと呼ばれていたらしい。サムライ好きだねぇ。

日光田母沢御用邸

IMG_3336 田母沢御用邸です。一帯が緑地になっていて、かなり広くて大きい。

IMG_3339 建物もかなり大きい。皇室の保養所として使用されていて、一部は赤坂離宮から移築されたのだとか。

IMG_3337 内装は皇室仕様という感じ。沼津御用邸にも行ったことありますが、雰囲気が似ている。ただ、こちらの方がかなり広めで、補修されていて真新しい。

IMG_3342 食堂……とかだったような気がします。シャンデリアの配置的に。寄木の床がすごい!

IMG_3344 御玉突所、つまりビリヤード場です。この時代の建物にはだいたいある気がします。社交の場だったんだろうか。ビリヤード台は年代的に相当珍しい物なんだとか。

IMG_3347 やはり御用邸に来たからには外せない、玉座です。今調べると実際は使われていなかったらしい。

全体的に、かなり新しく見えるという印象でした。そして広い。休憩所も併設されていて、観光地の喧騒からはなれてゆっくりやるにはいい所だと思います。

憾満ヶ淵・並び地蔵

IMG_3591 御用邸の近くは市街地が広がっています。喫茶店があったり、水路が通っていたり、なかなか雰囲気が良く散歩するのにも楽しい。

IMG_3372 近くには大谷川が流れています。御用邸の敷地の道を挟んで反対側、ちょっとした渓谷があり憾満ヶ淵と呼ばれています。

IMG_3376 市街地から橋を渡って反対側に行くと、お地蔵様がいっぱい並んでいる小道に出ます。フォトジェニック! 結構崩れてしまっている物もありますがちゃんと祀られていて、地元の人たちが大切にしている事がよくわかります。

IMG_3377 憾満ヶ淵の景観も合わせて楽しめます。結構流れが荒々しい。対岸は日光植物園になっています。行ってみましたが、ちょうど間の時期だった……。

日光といえば"日光の社寺"と呼ばれるエリアですが、この辺も落ち着いていてなかなか良い。宿はこの辺りで、日光ぐりーんほてる懐かし家風和里という所にお世話になりました。中心街からは離れていますが、やはりその分ゆっくりできると感じました。中禅寺湖方面へのアクセスにも便利で良かった。