thrakt’s blog

行った所とかホビー系とかの話

近代科学史料館

今年の春先に東京理科大学にある近代科学史料館に行きました。計算機がいっぱい所蔵されている博物館で、タモリ倶楽部にも出ていた。飯田橋のあたりです。

www.tus.ac.jp

IMG_1943 外観はかつての東京物理学校のものを再現したらしい。地下でも何か体験型イベントをやっていて、子ども向けにも色々やっていたと思います。

IMG_1944 計算機の歴史として、機械式のものから今もある電卓まで。写真のものはExcelの関数の結果が合っているか電卓で検証する的な様式が見られ、趣深いものがあります。

ところで撮影禁止ですが、届け出を出せば撮れるようになっています。ここに上げてるのは使用用途の範疇という判断なので、問題があればご連絡ください。

IMG_1945 計算尺風立ちぬで使ってたアレです。触れる物もありますが、結局使いこなせず。対数グラフ用紙を初めてみた時みたいな印象。

IMG_1949 フロッピーディスク。ナウなヤングは保存のアイコンの意味を知っているのだろうか。3.5インチは80枚セットとか使ってましたが、5インチ8インチは実は物を見たのは始めてだったり。薄くて不安になる。

IMG_1950 intel CPUの歴史。あぁウインテルの時代……。最初に使ったPCのCPUがi486DX4/100MHzでした。何もかも懐かしい……。この辺の世代が刺さる人は、他にも懐かしいアーティファクトが収納されているので是非行かれたし。

IMG_1947 これは微分解析機。歯車や軸の位置で変数の入力を設定し、物理で微分をやろうという恐るべきマシンです。定期的に実演デモをやっている。動いている様子はスチームパンク的なすごみがあり楽しい。チャールズ・バベッジの階差機関みたいな。ただいかんせん物理なので、どうしても結構な誤差が出てしまうと……。戦前あたりに使われていた時代の徒花です。

とにかく楽しい場所で、全情報科学生は行ったら大興奮な場所ではないかと思います。