今何やってるのと言われた時のための記事 2017/06/19週

ニャオス

新幹線の券売機はどうすれば使ってもらえるか

www.yutorism.jp

b.hatena.ne.jp

えー、下手の考え休むに似たりと昔から申しまして。忙しい時ほどこういうどうでもいい話を掘り下げてしまうものですな。

自分も席の変更で窓口を使ったことがあり、ああこういう時に窓口を使うんだと腑に落ちた記憶があります。そもそも例外ケースが多く、1件あたりの処理時間も長いから並んでるように見える、という感じではないかと。ただ、じゃあ仕方ないで終わらせるのも惜しい。

ここで最近流行りのAIですよ。ある程度複雑でもINとOUTがわりとはっきりしているので、適用できるのではないだろうか。そこで次の2フェーズを考えた。

  1. 窓口業務をビデオ通話ごしにやるようにして、遠隔化する。
  2. 簡単なパターンからAIに切り替えていく。

1.の段階で、コールセンターみたいな所から一括でやる形になるので、全ての駅で人が余ることがなくなり人件費削減の効果がある、はず。そして、やり取りが音声としてデータ化できるので、それでAI用の学習データを収集する。その上で順次AIに切り替えていくというわけ。

でも切符や現金のやり取りが難しいな、と思ったけどそれも券売機のインターフェースをそのまま使えるのか。あれ、行けるのでは? とはいえまずは現場のヒヤリングかなあという感じです。不正防止とかも気になる。

あとこの世界観で行くと最終的には、自動音声にキレる人みたいに人間を出せ! みたいな展開になるかもしれない。アッ! AIの遺伝子で見たやつだ!

相手に「伝わる」話し方 ぼくはこんなことを考えながら話してきた : 池上 彰

面白かった。池上彰氏のこれまでの経験から、どのような試行錯誤をしていったかが書かれている本。それを通して、伝わる話し方とは? という問に答えていく内容でした。池上彰といえば、模型を使ったわかりやすい説明。自分も週刊こどもニュースを見て育ったので、なかなか楽しめる内容でした。

実用書というよりは自伝に近い内容でした。"わかりやすく説明する方法を身につけ"たい人に100%ハマるかというと微妙な印象。アナウンサーの話とかはアナウンサーの技術論な感じがあり、わりと読み飛ばしてしまった。とはいえ、経験談を通して話されるTIPSには見るべきものがあると思います。

個人的には、税金を取られると言ってしまった時の対応の話が


以下振り返り用メモ

  • 抽象的な物言い(丸めた物言い)はわかったような気になったり、「これで相手もわかるだろう」と思ってしまったり、結局伝わらない。

身も蓋もない言い方の方がいい場合もある。相手に伝わっているか考えるように。

  • ひとつの文章は、ひとつの要素だけを伝える。

長い文章を書きがちなので注意。言いたいことを絞る、とも言えそう。

  • 一方的なお知らせでなく、相手の立場に立って語りかけるように

親近感を与え、興味を持ってもらう。

  • 人は互いに共通体験があると話しやすい。
  • 共通体験は、相手に教えを請うことでも得られる。相手を信頼し、尊敬して教えを請う。

  • 相手が何を知りたいかを考える。そこから話す内容に優先順位をつけ、組み立てる。

全く正論なのですが、なかなか難しい。ここにも相手への理解と尊敬が必要なんだなあという感。

  • まずは「とにかく大変なんです」というコメントから始まる文章を考える。話の「つかみ」を作る。

これは面白いなと思った。自分の伝えたいメッセージをまず持ってきて、相手の興味を考えて関心を引くつかみを作る。すぐ使えるのも良い。

  • 専門用語を外部の人に対して安易に使うのは配慮にかける。

  • まず言葉にする。言葉にすることで自分の考えをまとめる。

  • 抽象論より具体論。具体論は相手に興味を持ってもらえる。

  • 相手に何かを尋ねられたら、なぜこの質問をしたか判断する。そうすると適切な回答ができる。

今何やってるのと言われた時のための記事 2017/06/12週

ニャオス

Headless chrome で帳票が作れるのでは

developers.google.com

帳票(納品書や請求書)をシステムから紙で出すみたいな話はよくあると思う。前にそれでSVFというソフトを入れてやっていたりしたんですが、初期導入費が大きく運用コストもかかる。委託するにしても、やはりかなりの費用がかかる。自前でやる方法もあり、HTMLからPDFを作れるような物もあるみたいだが……。

そこでheadless chromeレンダリング結果をPDFで出力できるらしい。そしてディスプレイなしでコマンド打てば実行できる。

chromeから印刷イメージを出せる事の良い所は、何と言ってもシンプルである事。chromeだけ入れてしまえば、後はライブラリを入れたり、使い方を調べる必要がなく、ページと同じように出していけば良いはず。コマンド一発で片付くのも良い。

さらに、ブラウザの表示結果になるはずなので、確認も楽だし再利用もできる。普段はバッチ処理でPDF作って配るけど、いざとなればブラウザでURL開いてそのままプリンタから出すとか。

レイアウトがどれくらいできるかは試してみないとわからない。印刷用CSSとか見るのかな。文章の折り返しとかはどうなるか。webfontとか使えれば、アセットがかなり楽になりそうな気がする。SVFはデザイン用のツールもあったりしてよかったけど、ブラウザでやるとなるとある程度ハードルは出てきてしまい、そこは課題かもしれない。

という事で、できるのでは! という期待が今自分の中で高まっている。場合によっては結構な削減効果見込めるぞ!

問題はPDF作った後、それをどうやってプリンタに持っていくかなんだけど……。プリンタのベンダごとの違いとか気にするのはもう嫌だ。印刷代行の業者使うしか。

AWS内部DNS

今はAWSを使っていて、踏み台サーバを通して各サーバにアクセスするみたいな事をしている。この時都度IPをインスタンス一覧から見ていて、本当になんでこんな無駄な事をやってるんだろうかと。

前にやってた環境でも同様の課題があり、その時はconsulを導入していた。

qiita.com

ただこれは、当時使っていたIaaSが貧弱で、DNSは一度ホスト名を登録するとずっとIPが変わらない、LBを使うと設定変更時に瞬断が起きて本番系に影響が出る、という事情があったため。AWSなら……! と当時は思ったものでした。

そして今はAWS。R53のprivate DNSを使って解決できそう、なんだけど、サーバの増減は手で反映しないとだめそう。結局awscliの呼び出しをどっかに書いたり、別の所で処理がコケた時にゴミが残ることを気にしたりしないといけなくなる。(そう、デプロイ時に動かすシェルに書いてるアレの事ですよ)

その点、consulはよかった。設定ファイル置いてバイナリ立ち上げればあとは全部やってくれるし、プロセスが落ちたら勝手に離脱する。いわゆるサービスディスカバリ的な用途には結構良いなと改めて思った。

今何やってるのと言われた時のための記事 2017/06/05週

ニャオス

時間があるなら仕事を進めなければッという圧があるが、まぁ手が進まず結局時間が無駄になるという悪循環があり、どうしたものか。

正しいreact

react、構造化できるjQueryぐらいの気持ちで使ってしまっているので、正しさの不在を感じている。あとfluxで処理書く場所がよくないのでは? という気持ちをずっと持ちながら書いてしまっている。(とはいえ同じプロジェクトで書き方が混在するのは避けたい気持ちもある)

こういう時はコードリーディングだ、という事である程度見繕ってはいるんだけれど。そのうちチェックしたい。

ESLint

Rubyはrubocop先生に教えられながら書いているが、ES2015側はわりと無法地帯になってしまっている。ということでESLintをやるべきだろう。

eslint.org

今何やってるのと言われた時のための記事 2017/05/29週

ニャオス

GASとかGoogleスプレッドシートを書いているうちに時が過ぎていく

Red Bull Air Race 2017 Chiba

f:id:thrakt:20170603142151j:plain

www.redbullairrace.com

エアレース三度目の千葉、行ってきました幕張に。本日予選。海岸からなら視覚的にはかなり間近に感じられ、迫力もあり面白かった。

f:id:thrakt:20170603152848j:plain

エアレースというのは、飛行機で決められたコースを周回するタイムを競うスポーツです。空のF1なんて言われてるらしい。飛行機が飛んでるだけで何が楽しいの、すぐ飽きそうと正直自分も思ってたんですが、これがなかなか面白い。ただ早く飛べばいいって物ではない、レギュレーションが定められている

これはレッドブル・エアレースに参戦している日本人パイロット、室屋選手の機体。グリーンの塗装が美しい。

レギュレーションは、パイロンは決められた高さの範囲で避けなければならないとか、ゲートは水平姿勢で通過しなければならないといったもので、この辺は失敗すると周回タイムに+2秒とか加算されます。この辺は会場で見てると、ちょっと高すぎるとかわかるので面白い。

一番大きいのは10Gを越えたら一発NGというもので、ターンとか内角に攻めすぎると瞬間的に10Gを越えてしまいます。本来安全のために設定されているものですが、これによって10Gギリギリを攻める駆け引きが出てきて、レースに深みを与えています。これに各選手の機体やカスタマイズによりライン取りが異なってきて、そういった所が楽しいです。

昨年からは映像にはゴーストプレーンという新しい技法が使われていて、よりわかりやすく楽しめるようになっています。

www.redbullairrace.com

現在のトップスコアの選手を透明に表示させ、今の選手とどれくらい差が出ているか出すという物です。これにより、トップとの差が視覚的にほぼリアルタイムでわかり、ものすごい白熱します。最近はBSなんかでもやってるみたいですね。

昨年はまさに、千葉で室屋さんが優勝した年で、その時もこの映像を見ていました。本戦でゴーストプレーンに対して頭一つ先に出る室屋さんのライン取り。すごい角度だッ早い! いける! Gは大丈夫かッウオオーッ!!! という感じで最高にアツかった。マジで2016の千葉はドラマチックで、ゴーストプレーンは最高にわかりやすく楽しいという事です。

f:id:thrakt:20170603171955j:plain

個人的に思う一番の見所は、第3ゲートのバーティカルターン。グンッと高度を上げるのは見ごたえがあり、10Gを越えないようにする緊張感もあり、次のパイロンに備えるライン取りの駆け引きも見れます。今年はスタート・ゴールの場所が変わった影響か、これまでより高く上がっていた感があり良かったです。

自分は2015年も会場で見ていて、そこでピーター・ベゼネイというレジェンドに出会いました。初回からずって出ていて専用機も持っている。ピーター・ベゼネイ専用機! ロボットアニメの主人公かよ。カッコ良すぎる。ところが彼は2015年にレッドブル・エアレースは引退してしまいました。私は悲しい。

まぁ会場はとにかく人が多い。特に本戦はもの凄い盛り上がりですが、もの凄い人混みです。リクライニングシートありのエリアに行きたい。浦安に離発着のハンガーがあって、昨年はそこでライブ映像を見ていました。臨場感はやや落ちますが、離発着など見れて楽しい。タダだし。

浦安のハンガーは早朝であれば滑走路に入れるそうなので、今年はそれで行ってみようかなと思ってましたが、DC-3見たかったのでとりあえず予選だけ見に行くことに。人は多かったですがそこそこで、天気も良くよかった。

f:id:thrakt:20170603155155j:plain

エアロバティック飛行。実はこれが一番楽しかった。レシプロ機のエアロ飛行を生で見るのは初めてで、ナイフエッジやストールターンなどこれぞ曲芸飛行というマニューバを色々見れました。本当に最高の経験だった。

そしてDC-3!

f:id:thrakt:20170603160118j:plain

来た!

f:id:thrakt:20170603155954j:plain

見た!

f:id:thrakt:20170603160130j:plain

帰った……。

コースのあたりを3周くらいして行きました。これ乗客乗せてたらできないのではってくらい、低い所を結構なターンをしていきました。会場に入って正解だった。仙台から来ているそうで、ちょっと天気が気になってましたが大丈夫でよかった。

それにしても美しかった……。今となってはレトロ・フューチャーを感じさせるデザイン、飾り気のない翼が印象的でした。

f:id:thrakt:20170603174240j:plain

零戦里帰りプロジェクトも来ていた。夕暮れでちょっと見づらかったのが残念でしたが、こちらもよく飛んでいました。よくぞここまで復元したものだ。とはいえエンジンは違うんだよな、とかも思いつつ。紅の豚のBGMをかけるのは演出過剰だったかな。

この時代の飛行機が飛んでいて凄い! というのはあるんですが、その点アメリカだと個人所有のマスタングがあったりするし、やはり一度はリノのエアレースも見にも行ってみたいと思うのでした。

今何やってるのと言われた時のための記事 2017/05/22週

ニャオス

業務時間後と休日は仕事が捗るというSIer時代の上司と全く同じことを考えていて、因果応報という言葉を噛み締めている。どちらかと言うと永劫回帰かも。