thrakt’s blog

行った所とかホビー系とかの話

上野 東京国立博物館 2018年2月

上野にある東京国立博物館に行ってきました。多分5回目くらい。

IMG_6119

やっぱり建物が好き。とりあえず中に入る前に一周……。

IMG_6127

表慶館いいよね……。赤坂の迎賓館にも似た鮮やかな緑色が印象的。東洋館にバルコニーがあって、ちょうど一望できるのは知りませんでした。

IMG_6130

東洋館初めて入ったんですが、中はこんな構造になってたなんて! 吹き抜け構造でえらいことになっとる。空間的にこれは素晴らしい。

IMG_6128

これたしか犬が掘り当てたやつだったような。深センの博物館に行った時も思ったんですが、この辺の印鑑好きはなんだろう。こういう厳つい印鑑はかっこよくで好きです。

IMG_6122

表慶館のアラビア展へ。ニュースで見たんだけど、なんかいろいろ初公開らしい。サウジアラビアも観光ビザ発行するようになるのだとか。これなんと常設展のチケットで見れます。行くっきゃねぇ!

IMG_6133

向こうの地方の昔のお金です。展示内容は、紀元前からの紅海の貿易の歴史、巡礼の歴史とそれらの遺物を扱った物でした。日本の宿場町っぽさも若干あり、人類の普遍性みたいなものを感じさせられました。

IMG_6142

お金も時代が進みこうなり、

IMG_6155

こうなっていく。

IMG_6141

やはり向こうの家畜はラクダなのだ。アジア圏でも牛で似たような置物があったりしますね。

IMG_6148

ヌッ

IMG_6149

アラビア語の成立にいたるまでの、様々な石碑の展示もあります。ステラとは石碑のことらしい。ここでは星ではない。

IMG_6158

時代が進むとかなり成熟してきて、今のアラビア語に近づいてきます。さながら魔法陣のような。ただ、このあたり展示が全部墓標で若干ためらわれる。

IMG_6152

さて表慶館。展示もいいんですが、もちろん建物もよいです。このドーム、柱の彫刻なども細かい。

IMG_6160

この展示室を移動するときに通る階段もいい。この曲線が優雅で、タイルの模様も美しい。

IMG_6162

展示は進み、17世紀前後へ。美しい織物! 何だったか忘れてしまった……。 こういうとこに文字が入り込むのが特徴な気がします。

IMG_6163

かなり手が込んでいる。なかなかの業物ですよこれは!

IMG_6164

メッカのカァバ神殿の、実際に使われてた扉だそうです。あの中心にある黒いところのものだと思われる。それが今目の前に。

IMG_6169

儀礼用の剣などもありました。オリエンタルな魅力がある。

IMG_6170

マスケット銃も飾り付き。どことなく地域性が出るものだなあ。

あと、王家用クルアーンの展示などもありました。めちゃめちゃ豪華で、アブドゥル・アルハザードの著した本と言われても納得そうな感じの重厚さで良かった。

IMG_6174

外には文化体験コーナーもあり、コーヒーを配っていました。コーヒーというよりは、スパイスの効いた紅茶という感じでなかなかおいしい。真ん中にあるスパイスが全部入ってるらしい。どうでもいいんですが、配ってた向こうの人っぽいお兄さんが愛嬌があってイケメン感がすごかった。

IMG_6176

当然本館も寄っていきます。この階段を上るのがすごく好き。震えるほど好き。毎回感動に震えながら上っています。本当はスーツとかバシっと決めて来たい。

IMG_6177

VIPルーム。普段は空いてなかったら気がするんだけど……。壁紙が文字通り輝いていてめちゃめちゃ豪華。

本館はいい加減何回も来ているので、大体コースが決まってきます。とりあえず根付コレションをチェックして、順番にまわっていく。最初の方の土器とか巻物は大体もう見てるので、裏に梵字が書いとるな! とか確認しながら足早に済ませる。やはり中盤以降、江戸時代に入ってから。華やかさもあり、展示の入れ替わりも多く見ごたえがあるように思います。

IMG_6180

屏風絵など、時期的に新年にかかわるものが多かった印象です。新年の詩詠会の、俳句の書かれた色紙みたいなのとか。

IMG_6184

着る毛布は江戸時代にもあったのだなぁ。

IMG_6194

浮世絵の展示は雪関係が多かった。これはかつての日本橋。ちょうど大雪の後でものすごくタイムリー。やはり定期的に来ておかないとなーとは思います。

作は歌川広重。某ゲームで葛飾親子に期待値2をすり抜けられ、ならば作品でも見ようかと思っていましたがタイミング合わず。つくづく縁がない……。まだまだ下町っ子として認めてもらえないようです。

IMG_6191

そんな中から驚いた1枚。こちら亀戸の梅屋敷です。すごい水浸し! ほんとにこの辺土地が低かったんだな。例年この時期亀戸天神で梅祭りをやっていますが、昔から続いているのでしょうか。東京の地理に少し詳しくなると、この辺がもっと楽しくなる。

IMG_6195

井の頭の弁財天だそうです。この前ブラタモリでやってたとこだ。しんしんと雪が降る様子が伝わってくる。

IMG_6196

本館もやっぱり建物に見所が多い。この扉とか激シブじゃないですか! ここからバルコニーに出られるようになっています。裏庭は桜の名所で、春になると一般公開されます。いろんな種類があってなかなか楽しくオススメです。

一階には仏像や刀剣の展示が多い。堀川国広しかわからぬ。浅間神社に奉納されていたという宝剣がよかったです。ちょうど刀剣鑑賞の歴史という特集もあり賑わっていました。曰く、"刀剣の鑑賞は、見どころが抽象的で、その特徴を表現することばも、日常生活では使わない用語が多く理解するのが困難です。しかしながら、先人たちは刀剣の美を尊重し、特殊な用語を駆使して理解しようと試みてきました。"との事。であれば、刀剣の美や歴史を付喪神として擬人化し表現するというのもまた、現代的な刀剣鑑賞の1つの在り方なのではないかと思いました。

IMG_6199

一階の最後のほうには近現代のものも展示されています。古いからいいというのでなく、美しく価値があるからよいのだという姿勢が良い。

IMG_6204

夜の表慶館、ライトアップされてまた別の魅力があり良い。今回知ったんですが、東京国立博物館は結構夜間開館に力を入れているようです。

IMG_6207

本館もライトアップされてこの通り。なかなか充実したひとときでした。この内容で620円! 特別展込で高いという印象がままありますが、かなりリーズナブルなのでは。

上野 国際子ども図書館など 2018年2月

上野に行ってきました。秋葉原からゆっくり歩いて、御徒町を通って上野まで。

IMG_6094

御徒町は結構面白いエリアで、末広町あたりから高架下にいろんな店があったり、アメ横があったりします。ウィンドウショッピングがなかなか楽しい。大きいモンベルもあるし。アメ横は高架下にあるいろんな店が好きです。文房具屋とか、チョコレート屋とか。夏だとアロハシャツとかすごい売ってるので、いつかチャレンジしたい。

IMG_6096

上野につきました。東照宮ではボタンが見頃らしく、気になったが行けず。

IMG_6097

不忍池のほうは相変わらず混んでいました。ここ渡っていくと旧岩崎邸庭園に行くことができる。やっぱり上野は良い!

IMG_6102

芸大のほうに歩いていて、かなり奥のほうへ。ここの上島珈琲は結構気になってるんですが……。

IMG_6104

国立国会図書館国際子ども図書館にきました。モダン建築! かなり館という感じで良かった。

IMG_6110

階段! よいものです。古い階段で石の感じとかすごく好きです。手すりのデザインとかも凝っている。

IMG_6115

良い。

IMG_6112

内装も良い……。子ども図書館と言うので児童館みたいなものを想像していたのですが、そういうのもありつつ児童書の資料などが置かれているような感じでした。児童書の歴史の展示室もあってなかなかよかったです。

IMG_6117

元々あった建物にカバーをかけるような構造になっています。この窓もたぶん当時のもので、ガラスが波打っていうのがわかる。

IMG_6211

夜です。このイルミネーション、遠くから見たら桜が咲いているように見えてよかった。インバウンドの人たちに対するおもてなしを感じます。

IMG_6212

上野は建物が大体17時ぐらいに閉まるので、夜までいることは珍しい。人も少なくすごく雰囲気もあってなかなかよかった。

2017秋期感想

少女終末旅行

原作を読んでいたので、軽くチェックするつもりで見てたけど見事だった。原作の空気感を本当に上手く再現できていたと思う。とてもよかった。 あと、OPとEDがとにかくよかった。EDはemonさんですよ! 挿入歌はbakerさん。もうこれボカクラやんけ! とにかくキラキラして最高だった。

Thunderbolt Fantasy 生死一劍

豪華二本立て。前半の殺無生の哀れさといったら……呼び方がいつの間にか変わっててダメージが大きい。出場詩のタイミングも、あえて一番の山場でない所が余韻がありすごく良かった。後半のコメディもめちゃ楽しく、劇場内笑いが絶えない感じ。落語っぽい話。

EDでメイキングが流れていたけど、改めて技術の高さを感じさせられた。本編中では自然すぎて流してたけど、殤不患のオッさん感とか人形で出していて凄みを感じる。すごいオッさんだもの。RAIMEIの中国語版もよかった。台湾で見てみたい。

魔法使いの嫁

原作既読だけど、番宣でかかってたOPに惹かれて見てたが大変良かった。何より音楽! OPの変拍子はとても好みだし歌唱力もあった。劇伴はクラッシック畑の方がやられているらしく、そういった感じで満足感が高かった。挿入歌も多いし。惜しいのは、1枚めのサントラに11話の挿入歌が入ってない事! 内容は原作に忠実だったと思うけど、演出なのか独特の落ち着いた感じがよかった。キャラが崩れるようなシーンも、ある一定のトーンで抑えられていて良い意味で振れていなかったのが好ましく思います。この期は漫画原作に恵まれていたと思う。

Fate/stay nigh [Heaven's feel]

士郎くんが数分に一度死にかけるというすごい映画だった。凛がちょろすぎたのと、ランサーのランニングフォームがやたらいいのが印象的だった。不勉強ながらこのルートの話は知らんので楽しみにしている。

Fate年末スペシャ

大晦日の18時に公開したシナリオを見ていることを前提にした物を、大晦日の22時番組開始初っ端にぶっ込んでくる事に恐怖している。内容も示唆的でフワッとしてるし……。マジどの層に訴求してこういう事になったんだ。ガッツリ掴まれてしまって逃げられない。 衛宮さんちの今日のごはんが不意打ちで仕込まれてた。実に年の瀬らしく和んでいたけど、キャラデザと背景の完成度やら劇伴やら、何気にしっかりした作りだったように思う。なかなか収穫だった。2話以降の配信も楽しみ。

血界戦線 & BEYOND

ED、岡村ちゃんなのにあの完全にキマった感じはいいんだろうか。全体通して面白かったけど、どうしてもコミックよりは間延びしたように感じてしまう。あと、前作よりはマシなんだけどあのCMのセンスのなさはなんとかならんのか。

Fate/Apocrypha

正直惰性で見ていたけど、最後の方は結構よかったので儲けた感じがします。終わりよければ全て良しを地で行く感がある。とにかくモードレッドと獅子劫界離のペアがよかった。よかったんだ……。瞬間風速だけなら一番よかったかもしれない。

岩舟駅

今年の夏の終わりに両毛線にある岩舟という駅に行きました。

IMG_3675 ごく小さい無人駅です。10年ほど前に改装されたらしい。

IMG_3676 駅前に特徴的な家がありました。ちょっとFLW建築っぽい。岩船石の資料館、らしい。

IMG_3678 駅前を抜けると、田園風景が広がっていました。遠くに見える山々といい、美しく爽やかな風景。冬には積雪で周り一面真っ白になるんだろうと思います。

足尾 古河掛水倶楽部

今年の夏の終わり頃に足尾鉱山に行きました。そこで古河掛水倶楽部というステキ洋館を見つけたのだ。旧古河庭園の古河、これは期待できる!

www.nikko-kankou.org

IMG_3632 こちらです。のどかな田舎町に現れるハイカラな建物、脇にある電灯からも年代が伺えるという物です。和館部分があり、そちらから中に入る。

IMG_3641 中は撮影できないので外から。見ての通り、川側はかなり開放的。廊下があり旅館のようにも見えます。ステンドグラスがあって迎賓館らしい雰囲気があったり、リノリウム張りの所もあり時代性を感じたのを覚えています。

IMG_3642 建物はジョサイア・コンドル先生の影響を受けた人による設計らしい。足尾歴史館では当時の新聞もあり、紙面にはジョサイア・コンドルとでかい文字が踊っていました。そりゃもう焦ったとも。そこでは具体的な名前が上がっていたような……?

IMG_3636 同敷地内では、鉱山があった当時にあった社宅も再現されています。なかなか広い日本家屋で、当時の生活の展示もあります。お手伝いさんがいる部屋があったりとか、なかなか当時を偲ばせる。かなり鉱山会社の存在感が大きく、さながら伝記物の舞台のようにも思えます。

古河金属工業の所有ということもあり、館内では古河グループの事業内容の紹介など多くあります。日光あたりに大きな工場もあったり、地域へのプレゼンスの大きさを感じたものでした。

足尾銅山跡

今年の夏の終わりに足尾銅山跡に行きました。日光から近いという事に気づき、バスも出ているので帰りに寄っていくことに。

www.nikko-kankou.org

IMG_3593 まず足尾銅山観光へ。トロッコに乗って鉱山の採掘坑跡地に向かいます。

IMG_3600 ごく短い距離ですが、ガタゴトと揺れてなかなか楽しかった。

IMG_3603 見れるのは全体のうち、入り口の方のごくごく一部。人形があり当時の作業の様子などを展示している。

IMG_3604 坑内はかなり湿った感じ。

IMG_3608 坑内を抜けるとちょっとした展示があります。寛永通宝の作り方とかもあった。お土産物屋には銅製品が多く並んでいます。

IMG_3612 近くにある足尾歴史館です。資料や写真がかなり多くある。禿山とか、工場街だとか。案内の人に色々話を聞き、色々と歴史を聞けました。鉱毒が谷に留まって村がなくなった話とか……。あと全国からトロッコが集まってきていて展示が充実しており、写真はそれの様子です。

IMG_3615 観光館のエリアを抜けて散策へ。わたらせ渓谷鐵道が通っています。帰りに乗りましたが、道中はずっと絶景が続いています。すごく良かった。

IMG_3620 トロッコ列車という開放車もあるらしい。乗ってみたかった。

IMG_3645 足尾の魅力は、その街中にもあると思います。山に囲まれたレトロな町並み、夏影の郷愁感のある音が聞こえてきそうな気分です。この山の向こうに鉱山の堆積場があるのを知ると、また別の感慨が湧いてきますが。

IMG_3622 街中色んなところにこういう看板があり、当時の隆盛を伝えています。モダンな建物が多くあったようで、惜しいという気持ち。

IMG_3648 川の上流へ。鉄橋が多い!

IMG_3657 昭和っぽさを感じさせる工場が点在しています。まだ使われているものも多くある。

IMG_3662 貨物の廃線跡も残っています。

IMG_3664 水力発電所があったらしい。こういった産業遺産がそこかしこに残っています。今はただ静かに佇んでいる……。

IMG_3671 古河橋。明治時代にかかった橋でかなり古く、重要文化財らしい。奥に見えるのは古河鉱業の本山精錬所で、かなり大きな工場でした。今はかなり解体されたそうですが、それでもかなり存在感がある。

こんな感じで、昭和の鉱山街の町並みを残し、ある種の侘び寂びを感じさせる街でした。工場好き、廃墟好き、ポストアポカリプス好きなど多くの層に響くのではないかと思います。ただ、そう無邪気に捉えていいものか、そういった事も考えさせられる所でした。未来へ……。

日光湯元

今年の夏の終わりに日光に行ってきました。中禅寺湖の竜頭の滝からひたすら歩いて日光湯元へやってきた。

IMG_3565 日光湯元、旅館街的な物を想像していたんですが欧州の山岳リゾートという感じでした。行ったことないけど。

IMG_3569 湯ノ湖は中禅寺湖より小さく建物もないので、プライベート感が強くリゾート感で和んでいました。こちらも手こぎボートが多い。

温泉は休暇村に行きました。設備がかなりよく、レストランで天然氷のかき氷を食べたりした。温泉も露天風呂が改装されていたようで、大きくて壺湯もありかなりよかった。バスタオルは借りれます。泉質はちょっと硫黄の匂いととろみがあるかな? という感じ。

IMG_3571 温泉寺の方に向かいます。お寺にも温泉があるらしい。

IMG_3572 お寺の横には沼があります。硫黄の匂いが強い。

IMG_3574 源泉です。こんな無造作に。かなり間近で観察できます。風向きは気をつけたほうがいい気がする。

IMG_3576 周囲は常に沸き立っている感じです。かなり豊富な湯量である事を思わせる。中禅寺湖温泉も実際はここからお湯を持っていっているらしい。

湯ノ湖のゆったりした感じと硫黄泉、中禅寺湖よりも一段と落ち着いた雰囲気でゆっくり滞在したい気分になります。ただ、帰ってから服に硫黄臭が付いて大変な事になっていた。環境的なものか、意外と匂いがきついようです。